2010年01月30日

女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)

 一緒にいた女性が合成麻薬を飲んで錯乱状態となったのに放置し、死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優押尾学被告(31)の弁護団が26日、東京都内で記者会見し、同罪について公判で無罪を主張する方針を明らかにした。
 弁護団は、女性の容体が悪化してから死亡するまでは長くても30分で、急死だったと主張。押尾被告は懸命に救命活動をしており、遺棄には当たらないとしている。また、女性に合成麻薬MDMAを渡した罪についても、押尾被告は「女性が自分で持ち込んでおり、使用を促したこともない」と話しているといい、無罪を訴えるという。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目

小沢氏ほころぶ主張 3年前の会見検証「原資は寄付金」「土地相続できず」(産経新聞)
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
閣僚や民主のヤジは「最後っ屁」「破れ蓄音機」 自民・大島氏が批判(産経新聞)
posted by ミワ ユキオ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。