2010年04月06日

2人目擁立で小沢氏「全国で憎まれている」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は4日、神戸市で開かれた党兵庫県連のパーティーであいさつし、参院選で2人区に2人の公認候補を擁立することに理解を求めた。

 小沢氏は「複数区で複数の候補者を擁立して戦おうということで、私は全国どこに行っても憎まれている」と述べた上で、「現職は連合など支援母体の力で(当選を目指す)。2人目の候補は既存の支持母体から対象を広げて一般市民に訴えることによって、2議席目を確実なものにしてもらいたい。競い合えば必ずそれができる」と強調した。

ホワイトビーチ案は撤回を=社・国(時事通信)
免許証で意思表示=裏面に臓器提供の欄−警察庁(時事通信)
<佐藤錦>山形・東根で出荷が始まる (毎日新聞)
【社会部オンデマンド】東京の特別区と政令市の区の違いは?(産経新聞)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)
posted by ミワ ユキオ at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(読売新聞)

 法科大学院の評価機関「大学評価・学位授与機構」は29日、大学院3校の評価結果を公表し、静岡大を教育内容に問題がある「不適合」とした。

 これにより、2004年の一斉開学から順次行われてきた全74校の評価結果が出そろい、約3分の1の24校が不適合だった。

 法科大学院に対する第三者評価は、同機構を含めた3機関が実施した。不適合と認定された24校のうち6校は国立。また、14校は昨年の新司法試験で合格者数が1けたにとどまっていた。不適合校は文部科学省の調査対象となって改善指導などを受けるが、7校は2回目の評価で改善が認められ、現在は適合となっている。

 不適合の理由として目立つのは、司法試験対策に偏った授業内容と、教育態勢の不備だ。約3割は過度の試験対策を指摘され、「受験予備校と連携して学内で答案作成の練習会を開いている」「カリキュラムが司法試験で出題される法律基本科目に偏っている」といった問題も明らかにされた。

 同機構の平野真一・機構長は29日の記者会見で、「各大学院が合格一辺倒になり、幅広い見識を持つ法曹を養成するという初志がゆがめられている」と語った。法科大学院は当初想定より大幅に多い74校が乱立し、修了者を対象にした新司法試験の合格率は昨年、最低の27・6%にまで落ち込んだ。各校は、大学院への志願者減少と学生の質の低下を食い止めるため、司法試験対策を重視せざるを得ないのが現状だ。

 また、教育態勢の面でも、「実績のない人が専任教員となっている」など、5校が教員の質の問題を指摘された。出席率が4割でも定期試験を受けさせていた例などもあり、法務省幹部は「十分な教育態勢が整わないまま、法科大学院制度に乗り遅れないよう開学した学校も多い」と分析する。

 一方、中央教育審議会(文科相の諮問機関)の特別委員会は今年1月、問題のある法科大学院14校を公表したが、このうち11校は第三者評価の不適合校と重なった。

 ただ、同委員会は「新司法試験の合格者が少ないのに必要な対策をとっていないのは問題」という“合格実績重視”の判断基準を採用しており、司法試験対策をマイナス要因と見なす第三者評価とはずれがある。ある私立校の大学院長は、「中教審の基準をクリアしようとすると、合格実績を上げる教育を推し進める結果になり、第三者評価で不適合になりかねない」と戸惑っている。

岡田外相、ミャンマー軍事政権に遺憾表明(産経新聞)
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か−福岡県警(時事通信)
「私に問責決議とは生意気」ブログに阿久根市長(読売新聞)
醤油の正しい保存法、7割が「分からない」(産経新聞)
薬剤師国家試験、合格率2割近く減(医療介護CBニュース)
posted by ミワ ユキオ at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。